お知らせ / 会社ブログ

共有のメリットデメリット

共有のメリットデメリット

不動産を購入された際にご夫婦で共有名義にすることがあります。

基本的にご夫婦で共有にすることは将来的な介護の問題とかが生じた時の最後の財産として効いてくることがあるので悪くない事だと思います。問題があるとしたら、どちらかの有責で離婚する場合ですね…。

避けた方が良いのは相続の際にご兄弟とかで共有するという話の時です。

ほとんどのご家庭ではご兄弟でも仲良く問題が生じることは無いのですが、ご兄弟で共有にしていると後々にそのご兄弟の配偶者とかその配偶者の親族が横槍を入れてくることがあります。

そういう事が往々にしてあるので、共有名義にする際には将来的に売却する際には誰に任せるのかといったことを書面にしておくといいでしょう。