お知らせ / 会社ブログ

世帯数の減る市場

世帯数の減る市場

高松でもご多分に漏れず、少子高齢化の影響を受けて住宅に関しては市街地回帰の傾向にあります。

とはいうものの、マンション以外では市街地中心部は権利関係の複雑さも相まって再開発や区画整理が十分ではないところも多く、人気なのはちょっと郊外のレインボー通りやサンフラワー通りの周辺と、学校区の関係で栗林桜町周辺に偏ってます。

マンション以外と言いましたが、マンションは市内中心部にアホ程売りに出しているので、慌てなければそのうち売れ残りが市場に出ます。急いで買わなくてもいいなら数年後とかに検討してもいいかもしれません。

高松市自体が、周辺の牟礼町や香川町を併合して人口こそ増えているものの、世帯数的には減少が一切止まっていないので、併合された地区は今後さらに人口の減少が進むと予想されます。

もう一度バブル経済のような時代が来るとも思えませんので、市街地に不動産を持っているのでない場合は、資産としての使い方を一度見直されるほうがよいでしょう。