お知らせ / 会社ブログ

吹き抜けのメリットデメリット

吹き抜けのメリットデメリット

最近では開放感を重視するためか1階2階の吹き抜けを多くとった間取りを目にすることが増えました。

確かに開放感はあるし明るいんですが、当然のようにデメリットもあります。

まず何よりも空間が大きくなるので冷暖房の効きが悪い

こたつならすぐ暖かくなりますが、リビング全体に暖房をとなると時間がかかるのと同じで、吹き抜けで空間容積が増える事で効きが悪くなります。更に言うなら、暖房は暖かい空気が上に逃げてしまうので冷房よりも効きが悪くなります。

これを解消するには天井部分にシーリングファンを吊るして空気を攪拌するのと、大型強力な空調機器を使うというのが必要になります。要するに電気とかの力で無理矢理どうにかするって事ですが、その代わり電気代とかに負担がかかってきます。

「子供部屋に行くのに必ずリビングを通るようにしたほうがよい」とかいう理由でリビング階段などの吹き抜けを設ける方も居ますが、そうなると空調の関係でリビングの居住性が落ちることになります。あまり安易に考えないほうがよいでしょう。

こう言っちゃなんですが、親に隠れて成長しない子供ってのはそれはそれで問題あると思ってます。