お知らせ / 会社ブログ

家探しは住んでからがスタート

家探しは住んでからがスタート

希望の住宅を求めて何年も物件を探し続ける方が居ますが、そういう方に共通してるのは「購入がゴールになってる」です。

ちょっと考えればわかるんですが、住宅は買って終わりじゃないですよね? 買った後に住んで住み続けて初めて値打ちがあるんです。

「〇年後の家族構成は?その時家族は何してる?」「周辺の環境は変わらないか?」「リフォームの対応は出来るのか?」等など、様々な遠い将来まで見据えて考えていく必要があります。

例えば、30年程前に「土地が高いので3階建てで狭い敷地に大きな家」っていうのが流行ったことがありましたが、今と違って耐震強度問題も緩い時代でしたので家自体の強度も低く、更にはリフォームも難しいという問題が出て来ています。

買った後は固定資産税の問題は毎年ついて回りますし、買った方が何十年か後には老人になって介護とかの関係でリフォームが必要になるかもしれないですし、亡くなったら亡くなったで相続の問題も出てきます。

安易に考えて勢いで買ってしまうのも大事ですが、慎重に考えるのであればそれはそれで地に足をつけて考えないとなりません。