お知らせ / 会社ブログ

高松市内の空き家4年で40%増

高松市内の空き家4年で40%増

先日新聞にも載ったのでご存じの方もいるかと思いますが、高松市では空家が急速に増えてきています。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/高松市の空き家-4年前の14倍、8289件に-老朽化が加速/ar-AABBpQf?ocid=spartanntp

記事にもあるように、先年空き家に対して「危険だから」ということで撤去命令が出て、実際に行政側で解体されて所有者にその解体費用の請求が行ったという事例もあります。

空き家が増えても自分の持ってる空き家には関係ないと思うかもしれませんが、空き家が増えるということは売りに出される空家も増えるということで、増えれば増えた分だけ競争相手が増えるので価格は下がっていきます。これは需要と供給のバランスで生じる市場の原理大原則ですので、いくら不満に思っても変えることはできません。

行政側に介入されるより前に売却なり利用なりの対処をお勧めしています。