お知らせ / 会社ブログ

契約不適合責任と心理的瑕疵

契約不適合責任と心理的瑕疵

この夏から契約不適合責任と言うのが売主についてくるようになりました。

今までは割と「個人が売主だから仕方ないよね」で済んでいたところにも法律が切り込んできた格好です。

この契約不適合に関して、建物とか土地とかに関する部分は不動産屋でも目を配ったり調査したりで対応できるのですが、対応できないのが心理的瑕疵の部分です。

心理的瑕疵というのは非常に曖昧で、極端な話「隣に住んでる人の目つきが気に入らない」とかいう完全なイチャモンでも心理的瑕疵だと言い張ることは可能です。まぁ、それを頑張って法廷まで持ち込んでも自分以外の全員に白い目で見られますけどね。

売却した後で問題とならないように、その辺の事情は不動産屋に詳しく話して相談しておきましょう。