お知らせ / 会社ブログ

現在と過去と

現在と過去と

不動産を手放すのは惜しいですよね。

例え何年使ってなかろうが、先日までは「自分のものだ」って言えてたの者が他人のものになるわけですから、寂しくなるのはわからないでもないです。

で、手放すのが惜しいと思う自分を正当化するために「ここはバブルの頃に〇万円したんだ」とか「ここには今まで〇万円かけたんだ」とか言う方が居ます。

気持ちはわかりますが、それはご自身の心の中で処理してください。

過去は過去、今は今で価値が等価だなんてことは無いのですから。

バブルの頃最新だったでっかい携帯電話を、今のスマホと同じ値段で買う人が居ますか?

一時100万円位の価値があった倒産した会社の株券を100万円で買う人が居ますか?

居ませんよね。

だからそれは言っても仕方がない事なのです。

どうしても言いたいのであれば、頑張ってタイムマシンを拵えて、過去の自分に言ってあげるといいですよ。