お知らせ / 会社ブログ

一生賃貸の問題点

一生賃貸の問題点

シェアリングがもてはやされ、「持たない生き方」なんてのが格好良くて賢い生き方なんだっていう風潮が強くなってきていますね。

「不動産を所有してもリスクしかないよ」とか言って、一生賃貸生活を決めてる方も居ますが、本当にそれはリスクが無いのでしょうか。

シェアしたり借りたりする時に忘れてはならないのが、「それは誰かの持ち物である」という事です。所有者だって馬鹿じゃないですから、貸して損が出るような賃料にはしません。どうして貸すのか、どうしてシェアするのか…その方が得だからです。

借りる方はどこかで不動産を所有しない限り、ずっと借りる側の立場ですから、どこかで生活などに支障が出たときには途端に全部が行き詰まります。

例えば、若いころは賃貸を借りるのも簡単です。仕事もしてるでしょうし、親類なんかも元気で保証人を頼みやすいですからね。後期高齢者くらいになって、「老朽化して耐震上問題があるので出て行ってくれ」となったらどうですか。その年齢で貸してくれる大家さんははっきり言って少ないです。万が一、家で突然死なれでもしたら事故物件として借家の価値が下がってしまうと考えるからです。

その点自分の所有してる家であれば、老朽化しようがそこで死のうが自由ですので、追い出されたり家を探しまわったりする心配はなくなります。

実際のところ、団塊の世代の高齢化が進んだ影響で、高齢賃貸入居者の起こすトラブルは増えています。

入居された時は若くて仕事もされていて、家賃の滞りも一切なかったのが、高齢になり年金生活等でお金回りが厳しくなったりで家賃が払えなくなり強制退去の裁判を起こされたりする例もあります。まだ本人が壮健であればいいのですが、痴呆等で正常な判断が出来なくなってくると保証人になっていた家族や大家さんにも多大な迷惑が掛かります。

賃貸生活はあくまで一時的なものと考えて、どこかで家を所有するというスタイルに切り替えていく方が良いでしょう。