お知らせ / 会社ブログ

家を買う時の予算の内訳

家を買う時の予算の内訳

以前にも少しお話ししましたが、新築で家を買う時の予算の話をするときに多くの方が「家+土地」の価格しか考えてなかったりします。

実際に家を買うには「家+土地+諸費用+雑費」が必要です。

諸費用というのは不動産取得税とか登記費用とか不動産仲介手数料とか火災保険費用とかローン保証料とかです。

雑費は引っ越し費用とか家具代とか家電代とか照明器具代とかカーテン代とかの入居に必要な費用です。

これを考えずに「家+土地」だけで希望をかなえようとすると、最終的には当初の予算を大きく超えた分不相応な計画になってしまいます。

現金一括で買える方はそれでもまだいい方で、これで住宅ローンを組むとなるとローン負担が重くなりすぎる可能性が高いです。

住宅は普段の買い物と桁が違いすぎるためか、当初の予算を大きく超えても平気な方が割と多いものです。普段のお買い物で10円100円と節約してるのに、100万円を超えるような話をその時の気分だけで決めちゃう人もいます。

まずは予算の内訳をしっかりと見定めて、それから新築にするのか中古にするのか、マンションにするのか戸建てにするのかじっくり考えましょう。