お知らせ / 会社ブログ

低価格の不動産

低価格の不動産

インターネットとかを見ても100万円以下の不動産というのは殆ど無いと思いませんか。

普通に考えれば大きい不動産で大きな金額のものと同数だけ小さな不動産で小さな金額のものがあって当然なんですが、小さな金額の物はあまりありません。

「安いからポンポン売れて表に出ないんじゃないの」と思うかもしれませんが違います。

不動産屋が扱いたがらないからです。

理由は簡単で、不動産屋の収入というのは取引した物件の価格に左右されるからなのです。100億円の取引でも1万円の取引でも手続きはほぼ同じなのですから、人間の心理として同じ手間なら多くお金が貰いたいと思うのは当然でしょう。

そのため、どうしても100万円以下とかの不動産は流通しなくなり、流通しないために相続を嫌がる人が出てきたりで、所有者不明土地の元凶にもなっていましたが、先ごろ国が方針を変えて「200万円以下の不動産取引は必要経費とか貰ってよし」となりました。要は「お金貰っていいから不動産屋は200万円以下の不動産をもっと取り扱え」ということです。

この措置もいつまで続くかわかりませんので、小規模の不動産をお持ちの方は、この機会に整理を進めることを検討されたほうが良いでしょう。