お知らせ / 会社ブログ

有名建築家を選ぶ?

有名建築家を選ぶ?

もしも有り余るお金があったりしたら、住宅の設計を有名建築家に依頼したいと思う人は少なくありません。

そりゃあ自宅を「丹下健三に設計してもらった」とか言えば「そりゃあ凄い、豪儀なことだねぇ」と感心されたり羨ましがられたりするでしょう。

ですが私は有名建築家に頼もうとは思いません。

多くの建築家にとって設計する家というのは作品であり表現物であって、住む人間にとって家というのは生活と憩いの場だからです。

家を建てる人が持ってるぼんやりとした憧れに合わせて建築家が素敵なライフスタイルを提案したりしますが、そりゃその場面場面ではいいかもしれないけど、ライフスタイルなんて年齢や家族構成で簡単に変わるものなんですよね。

分かりやすい例で言うと、その昔「完成!ドリームハウス」というTV番組がありました。家を建てる人が持ってる奇天烈な要求に建築家がお金貰って応えちゃおうって感じの番組でしたが、建築家が奇天烈な要求に輪をかけて奇天烈に応えてて、結局住む人のことを全く考えてない家が出来上がったりしていました。結局ろくに住まずに売りに出たりとかしてて、結構な問題になってました。

心理学に「ハロー効果」というのがあるんですが、「有名建築家が設計して提案するんだからきっと素敵な提案に違いない」と相手の肩書に影響されて、現実を見ないという事は往々にしてあります。

家を考えるときは「派手さ」よりも「堅実さ」が大事です。