お知らせ / 会社ブログ

査定は高ければ高い方が良いわけではない

査定は高ければ高い方が良いわけではない

不動産を売却する時に複数の不動産屋に査定を依頼すると時折相当に価格差が出ることがあります。

売主としては10円でも高い方がいいに決まってますが、無暗に高い場合は結局延々と売れ残って、不動産屋の看板代わりに使われている状態になってしまったりします。

目的は高い査定をしてもらう事ではなく、早く高く売ってもらう事だというのを忘れてはいけません。

例えば、複数の不動産屋に査定を依頼してA社が500万円、B社が550万円、C社が1000万円の査定を出してきたとします。C社が最も高いわけですからってC社に売却を頼みますか?

それであなたがA社とB社を断った後にC社は「周辺の環境を再度考えると厳しいので値段を500万円まで下げましょう」と言えばいいのです。この様に他社を遠ざけるためだけに高い値段を提示する不動産屋は実在します。

大事なのはきちんと依頼を受けて、販売活動をきちんとして、その報告を基に売主であるあなたと二人三脚で売却を考えてくれるって事です。

100件、200件の中の1件としてぞんざいに扱われては不安になりませんか?

沢山売りに出してるって事は「売れてない在庫がいっぱいある」ってことの裏返しです。