お知らせ / 会社ブログ

団地のメリットとデメリット

団地のメリットとデメリット

家を探されている方で「団地は嫌です」っていう方がよく居ますが、残念ながら高松周辺には大都市で言うところの団地っていうのがあまりありません。強いて言うなら市営住宅や県営住宅が大都市で言うところの団地ですね。

地方で団地というと、集合住宅が建ち並ぶ団地じゃなくて、戸建てが建ち並ぶ開発団地を指します。

正直これもピンキリで、高級な団地もあれば環境の悪い団地もあるって状態で、一概に好き嫌いを言える状態ではありません。

まぁそれでも「団地が嫌だ」とおっしゃる方は多いのですが、よくよくお話を聞いてみると近所付き合いに後から参加するのが嫌だって方が多いです。

で、そういう方がどういう立地をご希望されるのかというと「周りに家が建ってない田んぼの中の一軒家みたいなところがいい」と言われます。

おそらくお気づきで無いから言われてるのだと思いますが、周囲に家が無い土地は存在しますが、周囲に土地が無い家なんて無人島くらいしかありません。周囲が田んぼという事は田んぼには当然所有者がいらっしゃって、耕作されてるわけですよ。その方と一切交流せずに生活するって基本的に無理でしょ。

農家の方は農家の方で、会社勤めの方とは生活サイクルや生活スタイルが違うので、どうしてもそこでスレ違いが起きたりしがちです。

そういう問題が起きないという点で考えても開発団地というのは一考の価値があると思います。