売りたい方へ(売却)

目的や事情に合わせ2つの選択肢がある不動産売却

不動産売却には、不動産会社が売主に代わって一般の購入希望者を探す「仲介売却」と、不動産会社が売主から直接購入する「買取」があります。 時間をかけてでも物件を高く売りたいなら仲介売却を、今すぐにでも売ってお金に換えたいという場合は買取を選ぶとよいでしょう。 また、住宅ローンの返済が厳しくなった場合に「任意売却」という手段を講じることで、競売という最悪の事態を回避することができます。

ここでは、こうした主要な売却についてその仕組みとメリットを解説します。 なお、こちらで取り上げている不動産売却について、より詳しくお知りになりたいという方は、ぜひ高松市のよつば不動産へお問い合わせください。

仲介売却とは?

不動産会社が「売りたい」「買いたい」の仲立ちに

不動産会社が「売りたい」「買いたい」の仲立ちに

仲介売却とは、売主の方の依頼で不動産会社が一般の購入希望者を探し、成約に至ると売主が不動産会社に仲介手数料を支払う仕組みのこと。 売主と媒介契約を結んだ不動産会社は広告や不動産流通ネットワークの情報網を駆使して購入希望者を探し、売主と買主の間に立って交渉や契約手続きを行い、売却を成立する義務を負います。

媒介契約の種類

媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」という3つの種類があります。それぞれの契約の特徴についてご紹介します。

専属専任媒介契約

仲介業者を1社専任とする方法です。その他の不動産会社には仲介を依頼できなくなります。また、買主を売主が自分で見つけてきた場合も、不動産会社を通して契約をしなくてはなりません。

専任媒介契約

内容としては専属専任媒介契約と同様です。ただし、買主を売主が自分で見つけた場合には、仲介の必要がなくなります。

一般媒介契約

複数の不動産会社に対して仲介を依頼できる契約です。ただし、不動産会社としては仲介手数料が得られる可能性が低くなるため、売却活動への取り組みが若干希薄になる傾向にあります。

売却の流れ

STEP.01:
お問い合わせ・査定のご依頼
仲介売却をご検討中のお客さまは、お電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。
無料査定のご案内や、仲介売却に関するご不明点にもお答えします。
STEP.02:
仲介会社の選定・媒介契約の締結
査定額にご納得いただけましたら、媒介契約の締結をお願いします。
これは、不動産売却の依頼を意味する契約であり、このタイミングでの締結が必要です。
STEP.03:
販売活動の開始
契約締結後は販売活動がスタートします。
ポイントになるのは、売り出し価格の設定です。
ご希望の売却価格と査定額、そして市場での価値を見比べながら、最適な額を決めてください。
なお、購入希望者が見つからない場合は、売り出し価格の見直しも検討しましょう。
当社では販売活動に関するアドバイスも差し上げております。
ご不明点があれば、お気軽にご相談ください。
STEP.04:
売買契約の締結
購入希望者が見つかった後は、価格交渉や引き渡し時期の調整などを行い、
双方が納得した時点で不動産売買契約を結びます。
この際、買主から手付金を受け取ります。
STEP.05:
お引き渡し
買主から残金をすべて受け取った後は、物件の引き渡しを行います。

仲介売却のメリット

時間をかけてでも「高く売りたい」方へ

仲介売却は不動産業者に売却を依頼し、一般市場で幅広く買主を探します。その分相場どおりの価格で売れる可能性が高まります。 購入希望者を見つけることから始めるため、売れるまでの期間が長くなる可能性がありますが、広くお客様を集めることができるため、市場価格に近い価格で売ることが可能です。 少しでも高く売りたいとお考えの方は仲介を選択されるのが良いでしょう。 仲介売却の場合は、時間はかかるかもしれませんが納得できる価格での売却が可能となることが多いです。

デメリット

不動産を売却する場合には、譲渡費用として測量費や印紙税、仲介手数料といった諸費用が発生します。 これらの費用が思ったよりも高額になる場合は少なくありません。 譲渡税の発生 売却によって得られた利益に対して所得税、住民税が課税される場合もありますが、売却の際に市場価格で売ることができる点で仲介売却はおすすめです。 但し、高く売りたいために、より良い購入者が現れるのを待ち過ぎると、結果的により安く売らなければいけないことになる場合もあるので注意しましょう。 また売れるまでの間の維持・管理のコストが必要ですので長期化するとその費用負担が増します。

まとめ

よつば不動産では、少しでも市場価格に近い状態で売却できる、仲介売却をお勧めしております。お客様がご満足頂ける取引をできるよう努めてさせて頂きます。

不動産買取とは?

不動産会社が直接、売主から物件を買い取る手法

不動産会社が直接、売主から物件を買い取る手法

仲介売却とは異なり、不動産会社がお客様からじかに土地や建物を買い取るのが「不動産買取」と呼ばれるもの。仲介売却のように購入希望者が現れるのを待つまでもなく、不動産をすぐにお金に換えられることが最大の特徴です。 もちろん、広告宣伝や営業活動を行わないのでその分の手数料も不要。「できるだけ早く売りたい」という事情がある方にはこれ以上ない選択肢でしょう。 売主自身が販売価格を決められる不動産仲介と比べると売値はどうしても低くなりますが、迅速な換金という点ではこちらに軍配が上がります。まとまった現金を用立てなくてはならない場合には、こちらを選択するのがよいでしょう。

不動産買取のメリット

スピーディーな現金化以外にも見逃せない利点が不動産買取というと、すぐに現金化できる点だけが強調されがちですが、メリットはそればかりではありません。物件によってはリフォームしないと買い手が付かないようなものもありますが、買取なら現状のままで問題なしなことが多く。仮に買取が成立した後になって建物に欠陥が見つかった場合でも、売った方に責任が問われることもないことが殆どで安心です。また、長い間売れない状況が続くということがないため物件を保持するコストがかかりません。

不動産買取のデメリット

買取での売却となると買取った不動産会社が再販売して利益をあげる必要があるため仲介での売却に比べ5割~7割と、低めの価格となってしまいます。 とにかく高く売りたいという方にとっては大きなデメリットです。 また新築の物件でも購入時よりも大幅に安い値段での買取になってしまうことがあり、条件が悪い物件などは買い取れない場合もあります。

まとめ

買取はどうしても手元に残るお金は仲介での売却時より減ってしまいます。急に必要になったお金のために時間を買う様なものですので、ご利用の前に十分にご検討下さい。

また、住宅ローンの返済が厳しくなった場合に「任意売却」という手段を講じることで、競売という最悪の事態を回避することができます。

支払いが困難 -任意売却-

  • 不動産売却の基礎知識
  • よつば不動産の魅力
  • 不動産無料査定